スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

御在所岳&鎌ヶ岳♪

御在所岳と鎌ヶ岳に行ってみました。
ロープウェイでは20年以上前に上ったことがありますが、久々
梅雨入りしたけど、ちょうど晴れていたので、思い切って行ってみました。

以前勤めていた会社の同期が菰野町から通ってて一度おうちに泊まりにいったんだっけ。
そんとき一緒に、ロープウェイで頂上に遊びに行って以来。

<行程>
山の家P~中道登山口 7:47~負ばれ石 8:09~地蔵岩 8:20~キレット 8:28~
富士見岩 9:04 ~ 御在所岳頂上(1209.8) 9:35 休憩~武平峠 10:30~
鎌ヶ岳(1161) 11:00~長石尾根経由三ツ口谷にて下山~ 山の家P 12:30

かなりゆっくり登山ペースでした。
岩場ばっかなんで、何度転んだことか。。
で、腕使いまくって二の腕が筋肉痛。

***

今回は、夕方から用事があって帰り時間を気にしながらだったけど予定通りに回れたかな。

山の家の近辺の駐車場は7:30でもほぼ満車。

IMG_5849.jpg 
警察が白線をはみ出して駐車している車を厳重に注意していました

目玉の観光名所が沢山ある”中道”から登ります。

いきなりキツイ斜度。
登山客も沢山。
狭い道なのでゆっくり慌てず(ってか、体力低下でゆっくりしか無理) 

IMG_5854.jpg
負ばれ石~。
左の岩が、右の岩を負ってるかな?
間にも入れちゃいます。

すぐに地獄岩

IMG_5863.jpg
接着剤で固めてない??

不思議~。落ちないなんて。

この日とにかく強風で。。軽い子供がぶっ飛んじゃわないかなってぐらいの風

キレットに到着したときは、怖くてなかなか降りれなかった。。

なんとか降りて、また登り。

富士見岩に到着。
ってか富士山が見えるの??

IMG_5872.jpg

この標高から先は雲の中
全く下界が見えません。
超寒いし。

残念なのは、頂上までロープウェイがあるのでいきなり舗装路が出現。
一気に山って気分を崩される
頂上自体が公園になってました。

IMG_5875.jpg

やっぱ、頂上は登り詰めた達成感が欲しいなあ。

眺望のよい頂上でおにぎりって思っていたのに、寒いわ景色は見えないわでさっさと退散。

時間の制限があるのでとりあえず武平峠までは降りて時間を見てルートを決定しようと下山。
あいかわらずの狭さ&石の多い事。
一旦降りて、又登るんですね。
向こうに見えるのが鎌ヶ岳♪

早いランナーが抜かして行きました。

IMG_5881.jpg

武平峠にてそのグループに再会。
そのまま下山するか鎌ヶ岳をぐるりと回るか迷っていたので、相談を。
2時間半ぐらいで駐車場につくんじゃないか?と言われて、行くことに。

こんなガレ場なんかもあり。

IMG_5885.jpg 
あたしは、御在所よりこっちが好きかも~。
中道は岩だらけで走れなかったしね。
IMG_5886.jpg 
最後はう回路を通らないで直進したら、、すごい岩の壁が待ってました。
男子と同じルートでは背も足の長さも違うので、絶対に登れないし。
鎖ないとこも多く、後ろに落ちるんじゃないかと、最後尾は怖くて前に行きました。

命からがら、登り切りましたが、怖かった。
けど後から思えば、おもしろかったかな。
IMG_5887.jpg 頂上はあいにく雲の中で残念。
 
さて下山。
長石尾根に向かうと急な下りにまたも強風

しかし、三ツ口谷に出ると、もう気持ち良すぎ。

川の水は透明で、鳥のBGM
 
IMG_5904.jpg 
沢下りっぽいルートで途中ルートがわかんなくなるぐらいの、自然のままのコース。
すべって、尻モチつきまくったけど。

IMG_5906.jpg 

最後スカイラインに近づくと、車の騒音が耳に入ってちょっとがっくしでしたが。

気持ち良いコースでした♪

しかし、腕の筋肉めちゃ使ったわ~(汗)

地図みながら、またあちこっちの鈴鹿の山を攻めたくなった!!

一緒に行ってくれた助さん格さんありがとうございました。


温泉でスッキリして、いそいで夕方の部へ。

盛り上げ役、おせっかいおばちゃん頑張ってきました。

久々に連絡先聞かれました
あ、女子に。。

聞く相手まちがってるだろーがー。

IMG_5911.jpg 
こちらも、楽しんでくれたみたいでほっ!
お疲れ様でした。
スポンサーサイト
[ 2012/06/10 ] かけっこ。 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。